0327-浅野泉邸

スポンサーリンク





広島市 浅野泉邸 縮景園

広島藩主浅野氏の別邸。現在は縮景園と呼ばれています。元和6年(1620年)に初代藩主長晟(ながあきら)が造らせました。
「跨虹橋(ここうきょう)」は18世紀後半の改修の際に設置された。
大正2年(1913年)に浅野家の所蔵品を展示する観古館(かんこかん)が設置された。
昭和14年(1939年)広島県に寄贈され一般に開放。
昭和15年(1940年)名勝に指定。
原爆の被害を受け、昭和26年に再開し何度もの改修を経て現在は創建当時の姿に戻っている。
[streetview view=”embed” width=”100%” height=”480″ title=”縮景園” lat=”34.3998403″ lng=”132.46760500000005″ heading=”154.80567864478604″ pitch=”-2.974221632502875″ zoom=”0.9999999999999997″][/streetview]
[LocketsRakutenTravel hotelno=”167087″]