戦前の国鉄鹿児島駅

スポンサーリンク





戦前の国鉄鹿児島駅

新幹線駅として、新しくなった鹿児島中央駅ができる前、西鹿児島駅が鹿児島の玄関口になるまでは、この鹿児島駅が玄関口であった。
現在(2018年 平成30年)の四代目駅舎は8月に解体され、2020年〜21年に五代目駅舎へと生まれ変わる。外観は、明治ロマン調になり周辺も整備される。

ATSUHIME

観光周遊バスかごしまシティビューのバス停は「鹿児島駅(かんまちあ)前」です。
「観光電車かごでん」は鹿児島駅電停です。
詳しくは 鹿児島市交通局のHPでご確認ください。
一日周遊券の購入がおススメ。市電・市バスで利用できます。(車内で購入可)

SEGODON

まち巡りバスなら「鹿児島水族館(桜島桟橋)」前バス停。
詳しくは 鹿児島交通のHPでご確認ください。 
一日周遊券の購入がおススメ。(車内で購入可)

鹿児島本線、日豊本線、指宿枕崎線へと繋がる南の玄関口。
photoshopを使い、デジタル手彩色

周辺の景色


[LocketsRakutenTravel hotelno=”153694″]

鹿児島の逸品

[csshop service=”rakuten” keyword=”鉄道 鹿児島” category=”” sort=”” pagesize=”5″ ]