0096-西郷南洲翁終焉の地

スポンサーリンク





鹿児島市 西郷南洲翁終焉の地

1877年(明治10年)9月24日午前4時、政府軍の総攻撃が始まる。立て籠もる薩摩兵は300余り、対する政府軍はその数4万。死を決した西郷隆盛は洞窟を出、夜明けを待ち「桐野利秋」「別府晋介」「村田新八」「池上四郎」らし学校の幹部らと岩崎谷を下ります。この日の出で立ちは、妻イトが縫った縞の単衣に白い兵児帯。その時、政府軍の流れ弾が当たる。別府晋介の介錯で49歳の命を閉じた。


[csshop service=”amazon” keyword=”西郷隆盛” pagesize=”3″”]

現在の風景

周辺の地図

西郷南洲翁終焉の地


[LocketsRakutenTravel hotelno=”5305″]