【千葉】下総成田山仁王門:新勝寺の絵葉書

千葉 下総成田山 新勝寺 仁王門

カラー化してみると、石灯籠のところに人物が座っている様子が鮮明に。
昭和55年5月31日、成田山新勝寺の旧本堂である光明堂・釈迦堂・三重塔・仁王門・額堂の五棟が国の重要文化財に指定された。
仁王門は、大本堂の正面にある石段下にある三間一戸の八脚門で、文政13年に再建された。
入母屋造り銅板葺きの屋根の正面に、大きな千鳥破風が付けられている。
門の右に口を開いた阿形の那羅延(ならえん)金剛像、左に口を閉じた吽形の密迹(みっしゃく)金剛像が奉安されている。
門の裏側に仏心を起こさせる広目天と、福徳を授ける多聞天が安置されている。
門の中央に、大きな赤い提灯が掲げられており、「魚がし」と書かれた大提灯は、東京・築地の魚河岸の旦那衆が、昭和43年に奉納したもので、重さが800kgある。(骨部分が青銅の一種の砲金製)

Left Caption

ATSUHIME

成田山新勝寺に行くなら、御朱印帳を持って行こう!

周辺の景色

周辺マップ

ココ


ヒルトン成田 の宿泊が便利

成田空港を望む高台の緑豊かな1万坪の敷地には寛ぎの空間が広がります。
概ね8,387円~から宿泊可能ですよ♪

住所 〒286-0127 千葉県成田市小菅456
最寄り駅 成田空港及びJR成田駅東口より無料シャトルバスサービス有り
ご予約 楽天トラベルで予約する
評価

Supported by 楽天ウェブサービス

Follow me!

画像使用のお問い合わせ

当サイト「これ蔵」では、掲載しております戦前絵葉書の画像データを印刷・放送・コンテンツ用にご提供可能です。