【鹿児島】12)西郷南洲翁終焉の地:南洲墓地の絵葉書

西郷南洲翁終焉の地

鹿児島市 西郷南洲翁終焉の地

1877年(明治10年)9月24日午前4時、政府軍の総攻撃が始まる。立て籠もる薩摩兵は300余り、対する政府軍はその数4万。死を決した西郷隆盛は洞窟を出、夜明けを待ち「桐野利秋」「別府晋介」「村田新八」「池上四郎」らし学校の幹部らと岩崎谷を下ります。この日の出で立ちは、妻イトが縫った縞の単衣に白い兵児帯。その時、政府軍の流れ弾が当たる。別府晋介の介錯で49歳の命を閉じた。

現在の風景

周辺の地図

西郷南洲翁終焉の地



SHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島)(旧:城山観光ホテル) の宿泊が便利

城山観光ホテルは、「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」へ名称変更いたしました。
概ね7,700円~から宿泊可能ですよ♪

住所 〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町41-1
最寄り駅 鹿児島中央からタクシー約10分  鹿児島中央駅や天文館等を経由する無料のシャトルバスを30分間隔で運行
ご予約 楽天トラベルで予約する
評価 4.45

Supported by Rakuten Developers

画像使用のお問い合わせ

当サイト「これ蔵」では、掲載しております戦前絵葉書の透かしやマークの入っていない画像データを印刷・放送・コンテンツ用にご提供可能です。