当サイトは、平成30年7月31日に常時SSL化を完了いたしました。

【鹿児島】23)照国神社:大鳥居の絵葉書

鹿児島 絵葉書



鹿児島市 照国神社

照国神社の大鳥居祭神は島津家28代当主の島津斉彬で安政5年(1858年)7月に50歳で急逝するが、文久2年(1862年)に祭神の遺志を継いだ弟久光と甥忠義が鹿児島城内西域の南泉院郭内に祭神を祀る社地を選定し、翌3年5月11日に孝明天皇の勅命による「照国大明神」の神号授与を受けて祠を造営したのが創祀で、翌元治元年(1864年)に改めて東照宮が建っていた地に社殿を造営し、照國神社と称した。
絵葉書の写真には昭和4年(1929年)に建設された大鳥居が写っている。

大鳥居が建てられた昭和4年(1929年)以降の戦前絵葉書。

wikipedia

持っておきたい「朱印帳」この一冊!

照国神社 六月燈

照国神社
鹿児島では7月に入ると神社やお寺で夏の風物詩ともいえる六月燈が開催される。照国神社では御祭神の命日16日を頌徳祭、15日を前夜祭として行われる。曜日に関係なく開催される。

現在の風景

周辺マップ

ココ


ホテル吹上荘
ホテル吹上荘
緑多い城山の麓、美術館等のある文化ゾーンにあり繁華街へも徒歩5分。観光・ビジネスに便利です。
最安料金:6,075円~

鹿児島 絵葉書

Posted by KOREZO