【北海道】新緑満たる北海道帝国大学付属植物園:北海道大学の絵葉書

北海道帝国大学 北海道大学 附属植物園

現在の名称は「北海道大学北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園」と長いものに。
札幌市中央区に存在し「北海道大学植物園」と呼称される。入園料が必要。
札幌の開基まもない明治初期、北海道大学の前身である札幌農学校で教鞭を執ったクラーク博士の提案で開設された。

開園年

明治19年(1886年)に日本初の「近代的」植物園として札幌農学校植物園が開園

文化財建築

園内には、開園当時からの歴史的建物が残されている。
■重要文化財
博物館本館 明治15年(1882年)竣工、旧札幌博物場の展示室。
収蔵庫 明治18年(1885年)竣工
博物館旧事務所 明治34年(1901年)竣工
旧札幌農学校教室付属便所 明治36年(1903年)竣工
門衛所 明治44年(1911年)竣工
■登録有形文化財
バチェラー記念館 明治31年(1898年)竣工
宮部金吾記念館 明治34年(1901年)竣工。旧札幌農学校植物学教室
博物館鳥舎 大正13年(1924年)竣工。
■北方民族資料室

北海道帝国大学

明治9年(1876年)に設立された札幌農学校が前身
大正7年(1918年)北海道帝国大学が設置

北海道帝国大学の設立が大正7年であることから、札幌農学校から管理移管されたと考えられるため、大正7年以降の絵葉書と推察。



ホテルオークラ札幌 の宿泊が便利

北海道唯一のホテルオークラ。「大通駅」から徒歩1分と、街中にありながら上質なご滞在を提供致します。
概ね4,100円~から宿泊可能ですよ♪

住所 〒060-0061 北海道札幌市中央区南一条西5丁目
最寄り駅 JR札幌駅よりお車にて5分、徒歩15分/地下鉄大通駅3番出口より徒歩1分
ご予約 楽天トラベルで予約する
評価 4.59

Supported by 楽天ウェブサービス

Follow me!

画像使用のお問い合わせ

当サイト「これ蔵」では、掲載しております戦前絵葉書の画像データを印刷・放送・コンテンツ用にご提供可能です。