当サイトは、平成30年7月31日に常時SSL化を完了いたしました。

【富山】舊城前:富山城の外掘りの絵葉書

富山 絵葉書



富山城

現在、テレビや旅情報で富山城と紹介されるのは「富山市郷土博物館」で、昭和29年(1954年)富山城跡の敷地一帯で行われた「富山産業大博覧会」の際に鉄筋コンクリート構造による模擬天守が記念に建てられることとなり、昭和29年(1954年)に完成し、模擬天守は「富山市郷土博物館」としての運営が始まった。

富山の絵葉書 歴史考察ポイント

明治4年(1871年)/廃藩置県後で他の大部分は千歳御殿を含めて解体された。
明治20年/県会議事堂が新築
明治32年〔1899年〕/県庁舎として使われた「本丸御殿」が焼失。
明治16年〔1883年〕/俛焉小学校(後の総曲輪小学校)として使われた「二の丸二階櫓御門」が解体。
明治33年(1900年)/富山城址内に2代目県庁舎が竣工。
昭和37年(1962年)/城の周囲を巡っていた水堀も本丸と西の丸の南側部分を除き順次埋め立てられた。
昭和5年(1930年)/富山城址内に2代目県庁舎完成

周辺の景色

周辺マップ

ココ


ANAクラウンプラザホテル富山
ANAクラウンプラザホテル富山
市の中心部に位置し市内最大級のシティホテル。
最安料金:5,035円~

富山 絵葉書, 城跡

Posted by KOREZO